プロ小学生に学ぶ時間管理とイライラ・モヤモヤ解消の方法

どうも真井です。

コロナ問題が長く続いてますね。

今回はその「イライラ」「モヤモヤ」の心理状態が少しでも解消するのに役立つかもって話をします。

もちろんコロナ問題を抜きにしても、ビジネスで結果を出すために大事なことです。

妥協しまくりの、捨てまくり野郎になれ

先日、あるクライアントさんと打ち合わせをしてたんですね。

クライアントさんもやりたいことがたくさんあるけど、現場の仕事もかなり忙しい状態。僕もぜひやってもらいたいってことはたくさんあります。

が、時間は有限。なので整理して絞らないと確実にパンクします。

だからこのミーティングではやるべことの候補も決めましたけど「今はやらないこと」も同時にしっかりと決めました。コレほんとに大事です。

僕自身も色々ガッツリとパーフェクトにやってるって誤解されていることが多いんですけど、実際ぜんぜん違います。

妥協しまくりの、捨てまくり野郎です。

ブログのライティングだって今はSEOぜんぜん意識してません。手間がかかるんで。Youtubeだって全然VSEO(動画SEO)してません。何なら限定公開ばっかですし。

その理由は今は優先順位が低いと判断したから。

「やれていない」「やらない」は意味が違う

「やれていない」のと「やらない選択をした」っていうのは意味がまったく違います。

優先順位が低いことに手を出すってことは、同時に優先順位が高いものへの配分を減らすことを許可したことになります。

そんなんイヤですよね。効果が鬼低いことに時間を割くくらいなら、面白いYoutubeを見たり飲みに行ったりしてストレス発散に使ったほうがはるかに有益です。だから捨てまくります。

クライアントさんたちにもこれまで何回

「SEOは無視していいっす」
「アクセス解析もまあ見なくていいっす」
「SNSやらなくていいっす」

って言ったことか。

それぞれガッツリとマニュアルをメンバーサイトには用意してあるのに、です。だから何十時間もかけて作った講義なのにほとんど見られていないのも大量にあります(涙

でも本来もっとやるべきことの時間がなくなるのは本末転倒ですんで、捨てたほうが良いものはガンガン捨ててもらってます。

お金以外のものは無限だと勘違いする罠

忙しくて手一杯になっている経営者さんにありがちな共通点は「捨ててない」 ってことです。だから真面目な人ほど逆に苦労したりしちゃうんですね。

残念ながら僕たちのリソース(資源)には キャパがあります。

お金が有限っていう意識は多くの人にありますね。お金は目に見えるからです。だから財布の紐は固い。

でも時間とかエネルギーって目に見えないから、つい無限にあると思っちゃう。だからこっちはいつも大バーゲンです。

エネルギーってのも実はめちゃくちゃ大事なポイントで、ここを無視するとそもそも意思決定力が激減するので、行動自体ができなくなります。

科学的に立証されている面白い実験がいくつもあるんでエネルギーに関しては詳しくはそのうち紹介しますが、まずはカンタンに時間で考えてみてください。

時間が有限なんてよく聞く話だしあったりめーじゃん( ´,_ゝ`)プッ

と思うかもしれませんけど、これを本当の意味で理解して実践するってけっこう難しいです。実際、そこまで意識してる人は少ないです。

小学生の時のほうがプロ意識が高かった

子供の頃に遠足で持っていくおやつを買う時って、めちゃめちゃ迷いませんでしたか?

たしか僕の小学校はおやつの上限は300円。近所の駄菓子屋で精査しまくりました。

お、●を●に変えたら、30円も浮くぞ! よっしゃこの組み合わせにしよう

あー、これを買うと50円も使っちゃうから、 もったいないからこれはやめよう

あーでも聖闘士星矢のマグネットも欲しいな・・・

カールってなんか大きいからお得な感じ!

みたいな感じでやりませんでした? もう、超真剣ですよ。なんで真剣かっていうと、300円という上限を明確に意識しているからです。

300円は誰がなんといっても300円。 勝手に400円や500円に増やすことなんかできません。

そんなことやろうものなら先生にぶっ飛ばされます。(体罰が当たり前の時代でした)

真剣になるのが当たり前。これが「リソースは有限」ってことです。

これに対して、僕たち大人はどうでしょう。

もう甘々です。リソース(時間)は有限ということをまったく意識していません。小学生のほうがよっぽどプロ意識がありますよね。

使える時間は限られているので、何かをやるということは、何かを捨てるってのと同じ意味。

優先順位は強く意識する必要がありますよね。たいして食いたくもないお菓子をカゴに入れる余裕なんてないんです。

経営者や事業者の大きな特権を使う

そして、僕たち経営者や事業者は「お金と時間の配分」も自由に変えられますよね。

  • 何に時間を使うか?
  • お金を使うのか、時間をお金で買うのとどちらが得か?

これを選べる環境なのが経営者や事業者の特権です。

「決断」という言葉は「断つ」ものを「決める」という意味。

Decesion(決断)の語源は「切る」。

何かを得るなら何かを捨てる。おやつが300円から勝手に増やせないのと同じ。

必ずこれをセットにしておくと、時間も余裕ができ、すごく有意義で効果的なもののみに時間が使えます。

余計なことをやらずに済むので「イライラ」「モヤモヤ」が減って精神的にもめちゃくちゃ余裕ができます。

ぜひこのセットを意識してみてください。自戒も込めて・・・

それではでは。

要チェック!
Facebookグループではこのような投稿や動画講義プレゼントをたくさんしています。現在600名以上のサロン経営者さんたちが参加してくれています。参加は無料ですが、圧倒的な価値のある内容を日々提供してますので以下のリンクからぜひ参加してみてください。(サロン経営者さん以外も大歓迎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください