21時間以上の動画講義が見放題!3秒で今すぐできる無料会員登録はこちら

やってはいけないSEOと最近のSEOの傾向

SEO

今回は久しぶりの公開コンサルです。今回の内容はこれ。

「やってはいけないSEOと最近のSEOの傾向」

SEOとは検索エンジン対策のこと。つまり、「ホームページをできるだけ検索結果の上の方に表示させようぜ!」って対策ですね。

SEOについて詳しく知りたい方はこちらの講義をどうぞ。

今ではサロン経営者さんの間でも、SEOって言葉はだいぶスタンダードになってきましたよね。(僕がSEOをやりはじめた2004年ころは「ん、セオってなに?おいしいの?」って時代でした)

検索結果の順位を決めるのはGoogleです。つまりSEOは「Googleにどう評価されるか?」という対策ってわけですな。

補足
日本のYahooは数年前にGoogleとの検索エンジン性能競争に破れ、今ではGoogleの検索エンジンをOEMで使っているので、基本はGoogleと同じだと思ってもらって大丈夫です。

数年前は、この対策はすごく簡単でした。

詳しい話をすると丸一日かけても終わらないので省略しますが、Googleもまだまだ未熟だったので、簡単に自作自演であざむくことができたんですね。

「うちのホームページはすごく良いよ!だからGoogleさん、上位に上げてくださいね。オナシャス!」って。

でもGoogleもだんだん賢くなってきます。そして自作自演をした人に正義の鉄槌を下します。

「あれ、これって自作自演じゃね?ふざけんな!順位下げちゃえ!」って。

SEO対策者「これやれば順位上がるんじゃね?」

Google「あれ、これ怪しい。検索エンジンをもっと賢くしよう!」

SEO対策者「くそ!見破られた!じゃあ次はこれでどうだ?」

Google「あ、また対策してきやがった!もっと賢くしよう!」

このイタチごっこが10年以上続いているのがSEOの歴史です。

この間に6回くらい大きな変化があると僕は区切ってるんですが、それは公開コンサルの動画を見ていただくとして、今のGoogleはどういう感じなのか結論だけ言うと「ユーザー(検索をする人)にとってどれだけ役立つサイトか?」っていう点をものすごく重要視しています。

厳密に言うと、これはGoogle初期からその考えは一貫して変わってないんですが、それをさらに重要視するようになったし、それをちゃんと評価できるようにGoogleの検索エンジンが賢くなってきているということです。

これ、言い換えれば「人間対策」です。

SEOは古い情報もたくさん氾濫しているんで、よーく注意してほしいんですが、一昔前の「機械(Google)重視の対策」の時代は今はかなり終わりつつあります。

これを知らずにやりすぎると、逆にGoogleからの評価を下げちゃうこともあるんで注意してください。

ってことで、今回の公開コンサルの概要はこちら。

  • SEOを意識することでやってしまいがちなミス
  • 今のSEOと昔のSEOの大きな違い
  • 2004年からのSEOの6段階の変化
  • SEOは●●対策から●●対策へ(←あ、答え書いてもうた・・・)

公開コンサルの動画はこちらから。

【公開コンサル】ルコールさん⑤やってはいけないSEOと最近のSEOの傾向

それではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.