サロン経営者のためのリスティング広告(PPC)集客講座【基礎編】

サロン経営者のためのリスティング広告(PPC)集客講座【基礎編】

サロン集客に効果的な広告「リスティング広告」

現在のネットの世界には、サロン集客にとても適した非常に素晴らしい広告システムがあります。

それがリスティング広告(PPC広告)です。

PPCとは「Pay Per Click」の略で、クリック課金型の広告という意味。つまり広告がクリックされた回数分だけの広告費を払えばいいということです。

ネット広告は「全国」を対象とした広告というイメージが強いですが、リスティング広告ほどサロンのような地域ビジネスに向いている広告はありません。

美容室集客に向いている

実際、うちのクライアントの美容室やネイルサロンであれば、毎月20〜30名の新規顧客を獲得しているサロンは沢山ありますし、中には50〜60名ほど集客しているサロンもあります。

使っている広告費もそれほど多くありません。少ないサロンで月に1万円ほど、多いサロンでも10万円は超えません。

リスティング広告は個人でも出稿が可能

リスティング広告は、広告代理店を使わないでも、あなた個人でも出稿が可能です。

広告代理店を使うと、初期費用が〜10万円ほどかかり、運用管理費として広告費の20%ほどの手数料が毎月必要になります。(ただし、どんなに広告費が少なくても最低手数料として毎月3〜10万円ほどは必要になります)

個人で出稿をする場合、手間と時間がかかりますし多少の勉強は必要ですが、そのぶん毎月の手数料が数万円節約できます。

「個人でやるか?広告代理店を使うか?」どっちが良いという正解はありませんが、まず自分で一度チャレンジしてみることをオススメしています。

「ホームページ制作業者ってSEO対策をやってくれてないの?」の記事でも解説していますが、広告代理店の質も玉石混淆ですから、広告代理店に依頼するとしても、自分で一度リスティング広告を運用してみて、最低限の知識と経験をつけた上で依頼する方がリスクは少なくなります。

ということで、まずは「リスティング広告とはどういう広告なのか?」ということを学んでいきましょう。

リスティング広告サービスを提供している会社

サロンでホームページ集客をする場合は、この2サービスだけ押さえておけばOKです。

GoogleAdWords(グーグルアドワーズ)
Googleが提供しているリスティング広告サービス。
GoogleAdWords

GoogleAdWordsはこちら

Yahoo!プロモーション広告
Yahoo!が提供しているリスティング広告サービス。(旧Yahoo!リスティング広告)
Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告はこちら

リスティング広告の掲載場所

広告の掲載場所は、GoogleAdWordsの場合はGoogleの検索結果の画面、Yahoo!プロモーション広告の場合はYahoo!の検索結果の画面になります。PCはもちろんのこと、スマホでの検索結果にも表示されます。

注意
厳密には、GoogleやYahoo!以外にも、GoogleやYahoo!のパートナーサイトにも広告掲載されますが無視してOKです。

GoogleAdWordsやYahoo!プロモーション広告に申し込むことによって、専用の管理画面から広告の掲載ができるようになります。実際に掲載例を見てみましょう。

Googleで「新宿 美容室」と検索した場合

GoogleAdWordsで美容室を検索した結果

Yahoo!で「新宿 美容室」と検索した場合

Yahoo!プロモーション広告で美容室を検索した結果

Google・Yahoo!それぞれの検索結果の上部や右部や下部に広告が表示されます。

注意
上部の広告枠をプレミアムゾーンと言いますが、プレミアムゾーンには一定の基準をクリアした広告しか掲載されませんので、上部に広告が表示されない場合もあります。

リスティング広告がサロン集客に向いている理由

次は「なぜサロンの集客にリスティング広告が効果的なのか?」を知っておきましょう。

メリット①サロンへの来店確率の高いターゲットに絞り込んで広告を見せられる

例えばチラシの場合、チラシを配る地域は絞り込めますが、配る対象の家が「今美容室を必要としているか?」はわかりませんよね。

「この家がサロンのチラシを必要とするかわからないけど、とりあえず撒く」しかないわけです。

こういう手法のことを「プッシュ型」と言います。

プッシュ型:あらかじめ決められたタイミングや提供側の都合の良いときに、ユーザーに情報を伝えていくモデル。ユーザーは受動的に情報を受け取ることとなる。プッシュ型メディアの例としてテレビ、プッシュ型広告の例としてテレビCM、バナー広告などが挙げられる。

引用:MarkeZine

一方、リスティング広告はどうか?

検索エンジンで調べるキーワードは「私はこういうことに今興味がありますよ」「私はこういう事を今知りたいんですよ」という、見込み客の頭の中の思考です。

美容室を今ホームページで探している

例えば「新宿 美容室」と検索する人は、ほぼ間違いなく新宿で美容室を探している人ですよね。

こんなに濃い(来店確率の高い)見込み客に対してピンポイントで広告を見せられるなんてことは従来の他の広告ではできませんでした。しかしリスティング広告では可能です。

こういう手法のことを「プル型」と言います。

プル型:ユーザーが能動的にリーチしてきたタイミングで情報を提供するモデル。プル型メディアの例としてインターネット、プル型広告の例としてリスティング広告が挙げられる。

引用:MarkeZine

濃い見込み客がサロンを探しているにもかかわらず、あなたがサロンの宣伝をしないのは「どうぞ、他のサロンへ行ってください」という、いわば不戦敗宣言です。

サロン集客に不戦敗

注意
プッシュ型が駄目だというわけではありません。チラシを撒くことも立派な集客戦略ですし、うちでもクライアントにはチラシをやることはオススメします。

メリット②無駄な広告費がかからない

リスティング広告は広告がクリックされた回数に応じて広告費を支払うシステムなので、「広告を掲載しているだけ」「広告を見られただけ」では広告費を支払う必要がありません。

あなたの広告が1万人に見られようが10万人に見られようが、見られただけでは広告費は0円です。


あなたが新宿で美容室を経営していて、GoogleAdWordsで「新宿 美容室」で検索された時に広告を掲載する設定をした場合・・・
美容室集客の流れ

広告費が発生するのは、見込み客(検索ユーザー)があなたのサロンの広告に興味を持ち、広告をクリックした人(③から④に移った人)の分だけ。言い換えれば、あなたのホームページにまで辿り着いた人まで、とも言えます。

更に、リスティング広告は2重の絞り込みができるので、とても費用対効果が良くなります。

リスティング広告では「新宿 美容室」というキーワードで検索した人にだけ広告を見せることができますよね。これが第1の絞り込み。

更に、仮にターゲットが30代女性の美容室であれば、広告文に「30代の女性に人気の美容室」と書いてあったらどうでしょう?男性や30代以外の女性は広告をクリックしにくくなるので、余計な広告費もかかりにくくなります。これが第2の絞り込み。

この2重の絞り込みを乗り越えてた「極めて来店確率が高い」人に対してのみ広告費を支払えば良いので、結果的に費用対効果がとても良くなります。

メリット③広告の細かいコントロールが可能

通常の広告の場合、一度掲載してしまった広告文を変えることはできませんし「一週間経って、反応がいまいちだから、もう途中で辞める」なんてことはできませんよね。

でも、リスティング広告なら簡単に可能です。

管理画面からいつでも自由に広告の管理ができるので、即時にいつでも自由にコントロールできます。

  • 広告の予算設定が可能なので、「今月は◯万円」「今日は◯千円」というのも自由にいつでも変更可能
  • 広告の一時停止・再開もいつでもワンクリックで瞬時に可能
  • 「この地域でYahoo!やGoogleを使っている人だけに広告を見せたい」といった配信地域の設定も自由
  • 1クリックで支払いたい広告費の上限金額の設定も自由
  • 広告文の内容もいつでも自由に変更可能で、どの広告の反応が良いかテストもできる
  • 広告の配信時間・配信曜日も自由に設定可能。定休日には広告を掲載しない、深夜には広告を掲載しないなんてことも可能
  • PCだけでなくスマホに対しても広告の掲載が可能

このようなことが自由にいつでも変更や設定可能です。

リスティング広告の課金と掲載の仕組み

広告費は「クリック課金(PPC)」の名前の通り、あなたが掲載した広告が検索ユーザーにクリックされた時点で初めて発生します。

1クリックあたりにかかる広告費のことをクリック単価といいますが、クリック単価の上限額はあなたが自由に決めることができます。

PPCでの美容室集客

リスティング広告は他の広告主とのオークションで掲載順位が決まるシステムになっています。つまり、あなたが入札するクリック単価が高ければ高いほど、より目立つ場所に広告が掲載されます。

注意
厳密には、リスティング広告はクリック単価だけでなく広告の品質も加味され、広告の品質が良い広告主は安い単価でも上位に広告が掲載されるようになっています。これに関しては別途詳しく解説します。

簡単に図にまとめると次のようになります。


美容室の集客検索結果

検索結果に表示される広告は上部であれば上部であるほど目立ち、ユーザーの目につきやすくなります。つまり優位な広告枠です。

1クリックあたりの広告費を多く払えば払う(高い入札をする)ほど、良い条件で広告が掲載してもらえるということですね。

リスティング広告の開始方法

実際にリスティング広告を開始するには、以下の手順で行います。

GoogleAdWordsの開始方法

GoogleAdWordsのアカウント取得(クリックで詳細を確認)
GoogleAdWordsを始めるには、Googleのアカウントを取得する必要があります。

Gmail(Googleのフリーメール)やGoogleカレンダーなど、Googleのサービスを既に使っていて、アカウントを持っている方はそのまま、そのアカウントをGoogleAdWordsでも使うことができます。

Googleのアカウントを持っていない場合は、まずはGoogleアカウントを作りましょう。

今回は、Gmailのアカウントを作るという手順で解説します。(よくわからない方は、Gmailを作る=Googleのアカウントを持つことと同じような意味だと思ってもらってもかまいません)

下記のサイトからアカウントを作ります。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得1

Googleアカウント取得はこちら

必要な情報を入力しましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得2

美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得3

美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得4
※多くの方は、上記のような画面になりますが、たまに「電話による認証」の画面になってしまう方もいます。これは、Googleがスパム的にGoogleアカウントを取得されないように対策をしているためです。もし電話による認証が表示された場合は、指示にしたがって認証をしておきましょう。

美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得5
これでGmailアカウント(=Googleアカウント)の取得が完了です。次にGoogleAdWordsアカウントの取得をしていきましょう。

下記のサイトに移動し「今すぐ開始」をクリックします。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得6

GoogleAdWordsアカウント取得はこちら

下図のようにチェックを入れ、先程取得したGmailのメールアドレスとパスワードを入力しログインします。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得7

予備のメールアドレスを持っていれば入力しておきましょう。他にメールアドレスを持っていなければ未入力でもOKです。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得8

国と地域と通貨が適切か(日本で円になっているか)どうかを確認し「続行」をクリックしましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得9

これでGoogleAdWordsのアカウント取得は完了です。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得10

GoogleAdWordsの課金設定(クリックで詳細を確認)
下図がGoogleAdWordsの管理画面です。広告掲載を始める前に、まずは課金設定をしておきましょう。課金設定、つまり広告費をどのような方法でGoogleに支払うかを設定をしなければ、広告の掲載を開始することはできませんので注意してください。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得13

右上の歯車マークから「料金」を選びます。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得14

地域に間違いがないかを確認をして次に進みます。
※GoogleAdWordsのインターフェイスは頻繁にマイナーチェンジされますので画像とは若干違う表示になっている可能性もあります。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得15

あなたのビジネス情報を適宜入力し次に進みます。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得16

広告費の支払い方法として、「自動支払い」と「手動支払い」があります。

自動支払い
クレジットカードを登録しておくことによって、消化した広告費を後から自動的にクレジットカードから引き落とすという方法。クレジットカード決済での後払いなので、「知らない間に広告費がなくなっていて、広告が掲載されなくなっていた」ということがなく楽ですが、逆に言えばしっかりと日々広告費管理をしておかなければ、気づかないうちに広告費をどんどんと使ってしまっているというリスクもあります。

手動支払い
最初にGoogleに前払い広告費を入金し、その金額の中で広告費を消化していく方法。いわゆるデポジット形式。あなたが入金した金額以上の広告費が使われることがないのでリスクは少なくなります。ただし、残金をしっかりと把握しておかなければ知らない間に残金が無くなり広告が停止するということもあります。銀行振込やコンビニ決済はGoogleAdWordsに反映されるまで数時間〜数日かかることもあります。

どちらの支払い方法を選んでもいいですが、不安な方は手動支払いにしておき、広告費が減ってきたらその都度前払い入金をするという形の方が無難でしょう。

自動支払いの場合は「広告費を全然チェックしていなかったら、気がついたらクレジット上限額まで広告費がどんどんと使われていた・・・」なんてことにもなる危険もあります。

画面上では「自動支払い」が推奨されていますが、無視して自分に合った方を自由に選択しましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得17

ここでは「手動支払い」の方を例に手順を解説していきます。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得18

利用規約を読み同意にチェックをします。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得19

これで、支払い情報の設定は完了です。今回は手動支払いですので、実際に前払いの広告費を支払っておきましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得20

今回は「振込」(銀行振込)で入金手続きをしてみます。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得21

表示された口座に振込をしましょう。今回の例と同様に手動支払いをする場合、特に銀行振込やコンビニ決済は入金がGoogleAdWordsに反映されるまで数日かかることもあるので、残金が減ってきたら余裕を持って追加入金をするようにしましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得22

広告費の残金は以下の場所から確認できます。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得23

美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得24

GoogleAdWordsへの問い合わせ方法(クリックで詳細を確認)
決済やアカウント開設等についてわからないことがあればGoogleに問い合わせをしましょう。以前はGoogleAdWordsのサポートはあまり親切ではなかったのですが、今はGoogleAdWordsのサポートはものすごく丁寧です。運用アドバイスなどに関してはあまり鵜呑み(うのみ)にしない方が良いこともあるのですが、アカウント開設等に関してはわからないことがあれば遠慮なく聞いてしまいましょう。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得25

Yahoo!プロモーション広告の開始方法

Yahoo!プロモーション広告のアカウント取得(クリックで詳細を確認)
下記のサイトからアカウントを作ります。
美容室ホームページ集客用GoogleAdWordsアカウント取得1

Yahoo!プロモーション広告アカウント取得はこちら

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得2

適宜情報を入力していきます。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得3

情報を入力したら「入力内容の確認」をクリックします。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得4

利用規約と広告取扱基本規定の同意にチェックを入れ「この内容で申し込む」をクリックします。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得5

先ほど登録したメールアドレスにYahoo!からメールがきているので、メールに記載されている「確認コード」を確認します。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得6

先ほど確認した確認コードを入力し「広告の作成、入金手続き」をクリックします。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得7

Yahoo!JAPANビジネスIDをメモしておきましょう。Yahoo!JAPANビジネスIDをメモしたら、先程設定したパスワードを入力してログインします。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得8

下図のような画面になります。ここで「かんたん広告作成を開始」や「初期設定サービスアシストプラン」というものがありますが、これはどちらも選ばないようにしましょう。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得9
これらを使うと簡単に広告を作ることができるのですが、意図しない設定になることが多いので、手間ですが自分でしっかりとアカウントを作っていくことをお勧めします。

ここでは、ひとまず広告作成をスキップしておきましょう。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得10

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得11

このような画面になります。これがYahoo!プロモーション広告の管理画面です。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得12

前ページの図はまだアカウントを選択していない段階ですので、アカウントを指定して広告の管理画面を表示させます。(このあたりの構造はややこしいのですが、毎回ログイン後はこの手順で管理画面を見ると覚えておきましょう)
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得13

これで広告管理の画面に変わりました。広告データを作成したり、広告費を確認するのは常にこの画面(「スポンサードサーチ」タブ→「キャンペーン管理」タブ)ですので覚えておきましょう。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得14

次に必ずやっておかなければならないことがあります。それはインタレストマッチへの広告配信を停止するということです。以前の解説で、リスティング広告には検索結果だけでなくブログやホームページなどに広告を掲載するという掲載方式(ディスプレイ広告)があるという話をしましたが、インタレストマッチはYahoo!プロモーション広告のディスプレイ広告配信方法の一つです。

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得15

インタレストマッチは現在はYDNタブの方で配信できるのですが、なぜか検索連動型広告であるスポンサードサーチの方でもインタレストマッチへも配信する設定になってしまっている(YDNタブが無かった頃の名残?)ので停止しておきましょう。「アカウント設定情報」から変更ができます。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得16

インタレストマッチ配信設定が「配信する」になっていて、広告費予算の配分も30%になっているので、こちらの設定を変更していきます。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得17

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得18

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得19

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得20

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得21

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得22

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得23
これでインタレストマッチへの配信の停止と、広告予算配分の停止(0%)ができました。

Yahoo!プロモーション広告の課金設定(クリックで詳細を確認)
次に広告費の決済の設定をしましょう。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得25

それぞれご希望の決済方法を選びましょう。銀行振込であれば、指定口座への入金、クレジットカードであればクレジットカードの登録を行います。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得26

ちなみに、クレジットカード登録をした場合、資金管理タブでは下記のような画面になります。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得27

クレジットカードでの入金は「自動入金」と「手動入金」があります。

自動入金
広告費の残高が「1日の平均広告費✕5日分」を下回ったら、指定した金額が自動的にクレジットカードから支払われる方法。例えば、1日平均で1,000円の広告費を使っている場合、広告費の残高が5,000円を下回ったら、自動的にクレジットカードから追加の広告費を指定した金額だけ入金するということです。
手動入金
名前の通り、自ら手動で広告費の入金をクレジットカードから行う方法。

Yahoo!プロモーション広告の場合も、GoogleAdWords同様に自動と手動のどちらの支払方法でもかまいませんが、リスクを避けたい場合はやはり手動入金の方が安全でしょう。

次回以降Yahoo!プロモーション広告にログインする手順(クリックで詳細を確認)

最後に、次回以降Yahoo!プロモーション広告にログインする場合の手順を解説します。

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得28

Yahoo!プロモーション広告にログイン

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得29

美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得30
この手順でYahoo!プロモーション広告の管理画面にログインできますので、覚えておきましょう。

Yahoo!プロモーション広告への問い合わせ方法(クリックで詳細を確認)
GoogleAdWordsの時と同様に、決済やアカウントの作り方等でわからないことがある場合は、Yahoo!に問い合わせましょう。電話やメールで丁寧に教えてくれます。ただし、これもGoogleAdWordsの時と同様に、広告の運用の仕方に関しては必ずしもYahoo!の意見を鵜呑みにしない方が良いこともあるので注意しましょう。
美容室ホームページ集客用Yahoo!プロモーション広告アカウント取得31

無料メルマガ講座

メルマガ登録した方に特典プレゼント

メルマガ登録のご登録と特典プレゼントはこちらから

メールアドレス

お役にたちましたらシェアをお願いします

コメントはこちら

*

Facebookコメント