広告が表示されない時の原因と対処法

先日、ネイルサロンを経営しているクライアントさんから相談を受けて「あ、なるほど。確かにそれは混乱するわ」と思ったことがあるので、紹介しておきます。

リスティング広告の話なので、まだやっていない人は「?」が多いかもしれませんが、「リスティング広告ってこういうシステムなんだ」ってこともわかると思うのでぜひ読んでおいてください。(というか、やりましょう!)

広告が表示されない!?

相談されたのは「いくら入札単価を上げてもうちのネイルサロンの広告が表示されないんす(T_T)」という内容。

うちのコンサルティングを受けていたり教材を見ている人にはお伝えしていますが、リスティング広告を使ったサロンの集客で重要なのは「来店率の高いキーワードから順に必ず上位を死守する」ってことです

例えば、新宿駅でネイルサロンをやっているなら「新宿駅 ネイルサロン」とか「ネイルサロン 新宿駅」っていうキーワードですね。

特にスマホからの集客の場合は2位以内を死守するっていうのが必須条件。2位以下だとほとんど検索ユーザーに見られないからです。

スマホで検索したネイルサロン

で、このクライアントさんは入札単価(広告1クリックあたりに支払える上限金額)をどんどんと上げまくっているのに、実際にスマホで検索をして確認をしてみても、自分のネイルサロンの広告がまったく2位以内に表示されないっていう状態でした。

1日の広告予算の設定が重要

原因はすぐにわかりました。「予算設定が低すぎた」からです。
※実際の予算が多いか少ないかじゃなくて「予算設定」の話です。

ネイルサロンの広告予算設定の場所

例えば1日の予算設定を500円で、入札単価を100円にしていたとします。

この場合、理論的には1日で5クリック分の広告費を使えることになりますよね(入札単価100円っていうのはMAXで使われる金額で、実際には1クリックあたり70円とか80円しか課金されませんが)。

これは言いかえれば「1日5クリックされるくらいの割合で広告を掲載すればいいんだよね?」ってことです。

例えば、0時〜1時の間に5クリックされるのであれば、Google、Yahoo!的には残りの1時〜24時は広告を表示させる意味はないってことです(早い時間に広告費の消化を集中させるか24時間でまばらにするかは管理画面から選べます)。

このように、「予算に対してどれだけの割合で実際に広告を表示させればいいか?」をGoogleやYahoo!はコントロールします。つまり、リスティング広告を出稿したからといって、常に広告が掲載されているわけではありません。

このクライアントさんがチェックした時は、たまたま広告が掲載されていないタイミングだった可能性もあるってことですね。

リスティング広告をまだやっていない人も、一度実際に検索して「競合がどのように広告を出しているか?」を調べてみると勉強になりますよ(というか、やりましょう!)。

実際の検索結果と管理画面の両方をチェックしよう

この場合「平均で何位に自分のサロン広告が掲載されているか」は管理画面でもチェックしましょう。

ネイルサロンの掲載順位

実際にスマホやPCでチェックをして自分のサロンの広告が掲載されていなかったとしても、管理画面でインプレッション(広告の表示回数)が発生していれば、実際にはあなたのサロンの広告は掲載されているってことになります。

あとは広告のプレビューツールという機能もあるので、それを活用してもいいですね。

今回のような仕組みを知らないと「あれーうちのサロンの広告が表示されてないぞ??」と無限に入札単価を上げちゃうので覚えておきましょう。

もっと厳密にいえば、実際の予算が500円でも管理画面に設定する予算はもっと大きな金額に上げて、入札単価を下げることによって1日500円の広告費が消化するように調整するのが正解です。が、その話は長くなるのでまたいずれ。

今回は少し専門的な話になっちゃいましたが、サロン集客に「リスティング広告を使っている人」「これからリスティング広告をやろうっていう人」は参考にしてください(というか、やりましょう!)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。