あなたのサロンの素晴らしい技術・サービスを過剰に割引きしたい?

 

「もう仕事が楽しくなくて辛くなってきました・・・」

これは僕が、あるクライアントさんと出会った時に最初に言われた言葉。

このクライアントさんはクーポンサイトやタウン誌を使い、本来の50%以下の料金で集客をしていました。

料金が破格ということもあり、お客さんはそれなりに集まっていました。

しかし、自分の技術を本当に必要としてくれているのではなく、安い料金にだけ惹かれて来てくれたお客さんを、毎日10名以上も食事を取る時間もなく体力をすり減らし施術している状態。

しかも高校生のバイト以下の時給で。

結局、2回目以降の来店に繋がることはほとんどなく、精神的にも肉体的にも疲弊。

僕も整体師として整体業界いたのでわかるんですが、サロンのような技術職の方の多くは、自分の技術とサービスに誇りを持ってます。

また、商売とは本来、価値と価値の交換だから、堂々と適正料金を頂いても良いはず。

スペシャリストとして必死でお金と時間を使って勉強し技術を身に付けたにもかかわらず、提供している価値(サービス)よりも、お客さんからもらっている価値(報酬)が著しく低いというのは、技術者としては悲しいものじゃないですか?

なぜ過剰な値下げをしなければならないのか?

ではなぜ、その誇りを持っているサービスに対して、世の中の多くのサロンは、クーポンなどを使って適正料金よりも著しく低い料金でサービスを提供しなければならないのか?

集客のためですよね。

もちろん、適度な値下げ程度であれば「よりお客さんに負担のないように」という想いで料金設定をしているケースもあると思いますが。

でも、70%オフ・80%オフのように過剰に割引した料金で提供などは普通はしたくないですよね。

自分のサロンが1日10人まで対応できるとして、正規の料金で10人来店してくれるのであれば、本来の価値と見合わないほどの過剰な値下げなど必要ないからです。

もちろん、割引きしているからといって手を抜いてサービス提供はしないと思うんですが、正規の料金であれば経営が楽になることはもちろんのこと、自分の仕事に対しても、より誇りと自信と充実感を持てるようになるんじゃないかと。

だから、これを読んでくれているあなたにも是非集客力を身に付けてもらいたいと思うんですよね。

サロン集客実践会がその一助になればうれしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。