サロンマーケティング

Category
フロントエンド
集客に苦戦しているサロンによく見られる共通点として「集客のための商品」がないということがよくあります。上手に集客をしているサロンは「集客のための商品」を持っていることが多いです。 「集客のための商品」のことをフロントエンド(商品)と言います。あなたのサロンが安定した集客ができてない場合、まずはフロントエンドを作ることか...
「選ばれるサロン」になるための3つの種
リピートされない大きな原因 「技術のサービスも悪くない。大きなミスもしていない。なのに、なんでリピートしてくれないんだろ?」 こう思ったことないですか? この原因としてよくあるのが「このサロンにもう一度いく理由も特にないな」という可もなく不可もなく、いたって普通の印象(もしくは少しマイナス)をお客さんが感じてしまってい...
あなたも、出費を抑えようとして逆に大損しているかも?
サロン経営をしていく上で(というかあらゆるビジネスで)、必ず把握しておかなければいけないのが「お客さんが自分のサロンにいくら使ってくれるか?」という金額です。 お客さんが使ってくれるお金は当然初回の来店だけじゃないので、リピート・店販も含めてを計算しておくことが必要。 いわゆるLTV(Life Time Value:顧...
「サロン集客はターゲットを絞り込め」→広告費が1/3に
「お客さんのターゲットは絞り込め!」 こんな話を聞いたことありませんか?これはマーケティングとかコピーライティングの大原則なんですが、実際にやっているサロンはけっこう少ないです。 これに対しての反応はだいたい「ターゲットを絞り込んだら、お客さんがくる可能性が減るんじゃない?」というパターン。 こう考えてしまうのはごもっ...
サロンを選ぶ時に、どういった感情で動くか?
今日は、お客さんがサロンを選ぶ時に、どういった感情で動くかという話をしようかと。 これをわかっているかわかっていないかで、反応率はまったく違う。 何度か言っていますが、お客さんの消費行動というのは「感情」で決まります。 厳密には感情だけではないけれど、理屈よりも感情の方が遥かに強い。 これは常に頭に入れておく必要があり...
マーケティングに踊らされるな
今日のテーマ。 それは、 「マーケティングを勉強するべきだが、マーケティングに踊らされるな」 ということ。 「マーケティングを勉強するべきだが」というのは、当然、勉強するだけでなく実践もしっかりとするという意味も含めています。 僕は経営者であるのに、マーケティングを勉強しないというのは怠慢だと思っているわけですが、これ...
「簡単に」「永久に」「誰でも」サロン集客ができる方法は存在するのか?
先日から案内しているサロンとお客さんをつなげるマッチングポータルサイト「サロンNAVI」ですが、制作してくれた友達にお願いして、メニュー・価格欄の入力可能文字数を増やしてもらいました。 前までは50文字だったんですよね。 でもこれじゃ厳しいってことで300文字にしてもらいました。 既に登録している方は追加で文章を書いて...