新規予約が順調に埋まっているサロンのやっていること

新規予約が順調に埋まっているサロンのやっていること

どうも真井です。

昨日、あるクライアントの方のコンサルをしてました。(以降Aさん)

Aさんは、僕がコンサルティングをやる前から、独自でリスティング広告をやっていたという珍しい方。

僕のコンサルティングを受ける人でも、最初からリスティング広告をやってる人って1割~2割くらいなんで、おそらくコンサルティングを受けていない他のサロン経営者も含めると、全体の1~3%くらいの人しかやってないんじゃないですかね。

これってすごくもったいない。

Aさんも

「リスティング広告やらないというのは、今では考えられない。」

と言ってましたしね。

そこから、色々と手を加えて昨月、今月と新規の予約が好調だという報告をもらいました。

まだホームページの改善が途中段階なので、今後が更に楽しみなクライアントさんの一人です。

また、Aさんは

「多くのサロンは集客に困っていて、中にはアルバイトをしている方もいます。」

とも言っていました。

Aさんの場合、ホームページに予約状況カレンダーが掲載されているので、予約で沢山埋まっているのを見て、友人のサロン経営者に

「どうやって集客しているの?」

ってよく聞かれるらしいです。

もちろん答えはリスティング広告。

リスティング広告っていうのは、確かに一見複雑です。

でも初めてのことなんていうのは、何でもやらなきゃずっと苦手なのは当たり前なわけです。

管理画面も複雑に見えますが、1日30分も触っていれば、一ヶ月後には何の抵抗もなくなります。

だから、二の足を踏んでいる人には、まずはやってみてもらいたいんです。

もちろん、前回のポストでも書いたように、リスティング広告を使えば全員が簡単に確実に利益が増えるというわけじゃありません。

集客媒体っていうのは、売上構成要素の中の一部にしか過ぎませんから。

でも、だからといって放置していい部分じゃありません。

特にホームページで集客をしようとしている人は、ホームページにアクセスを集めなければ何も始まらないので。

まずはチャレンジ。

広告費を使うので二の足を踏む気持ちはわからなくはないですが、やらなきゃずっと今のままです。

それに広告は「出費」じゃなく「投資」。

そういう意識がないとかなりキツイです。

有料広告だけで集客しろということじゃありませんが、コストをかけずに集客したいのであれば、その他の投資は必ず必要。

つまり作業。(ブログに力を入れるとか)

つまり、お金と作業という形の違いはあるにしろ、「投資」は必ず必要だということです。

どっちを選択するかは、あなたの自由ですが、もし今あなたが集客ができずに困っているのであれば、受け身で待ってるだけはやめた方がいいです。

ライバルも必死で集客対策をしているので、どんどん差が広まっていくことになります。

あなたは今日から何をする?

ではでは。

無料メルマガ講座

メルマガ登録した方に特典プレゼント

メルマガ登録のご登録と特典プレゼントはこちらから

メールアドレス

お役にたちましたらシェアをお願いします

コメントはこちら

*

Facebookコメント